ヤオコーは反落、三菱UFJMS証が目標株価を3600円に引き上げ

ヤオコー<8279>は小幅反落。一時、前日比92円安の2998円まで売られている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が10日付のリポートで、投資判断「アウトパフォーム(強気)」を継続しながらも、目標株価を3300円を3600円に引き上げている。
リポートでは「惣菜子会社“三味”の成長鈍化や、薬価改定の影響でドラッグ事業の減益など子会社は苦戦が予想されるが、単体既存店販売伸び率は4〜8月累計で同0.5%増と健闘。デフレによりマージン改善が難しい環境のなか、引き続き生産性の改善が進み、経費コントロールが奏功した決算となりそうだ」としている。

ヤオコーの株価は13時46分現在3015円(▼75円)