東洋炭素が4日続落、11月中間期見通しを下方修正

東洋炭素<5310>が4日続落。前日引け後に第1四半期(6〜8月)決算を発表するとともに、11月中間期の業績見通しを連結経常利益で従来予想18億円から8億円(前年同期比81.7%減)に下方修正したことを嫌気。太陽電池市場が主力の中国をはじめ世界的に想定以上の低迷を続けていることに加えて、回復を期待していたLED用も調整に時間がかかっていることなどが要因としている。

東洋炭素の株価は9時19分現在1642円(▼89円)。