東洋電が軟調、6〜11月期最終赤字を嫌気

東洋電機製造<6505>が軟調。同社は11日、12年6〜11月期の連結純損益が6億円の赤字(前年同期は3億円の黒字)となる見通しを発表、従来予想は5000万円の黒字で6億5000万円の減額となる。売上高については140億円(前年同期比26%減)となる見通しでこれも従来予想を30億円下回り、見切り売りを誘う要因となった。鉄道車両向け機器の受注が低調で業績の足を引っ張っている。13年5月期通期の純利益については8億円(前期比1%増)を据え置いたが、これも減額される公算が大きいとみられている。

東洋電機の株価は9時32分現在226円(▼6円)。