ウエストHが反騰、減額修正は期ズレが要因

ジャスダック上場のウエストホールディングス<1407>が反騰、寄り直後に前日比183円高の1370円まで買われ、上昇率は15%を超えた。11日取引終了後に集計中の前8月期業績予想を減額修正したが、一部案件の売上げ計上の期ズレが要因で、メガソーラーなど産業用太陽光発電システム需要を背景にした利益成長に陰りはないとの見方が広がっている。先月から1カ月の調整幅が25%を超えたことから、リバウンドを狙った短期資金も流入しており、騰勢に弾みをつけている。

ウエストHDの株価は10時現在1298円(△111円)。