フジミインコが7日ぶり反発、半導体関連の買い戻しの流れで見直し

フジミインコーポレーテッド<5384>が7日ぶりに反発。半導体市況の先行きは不透明なものの、悪材料をいったん織り込んだとみられることからこのところ半導体関連株の買い戻しが進んでおり、この流れを受けて同社にも見直し買いが入っている。同社はシリコンウエハー用研磨材で世界シェア9割を占める。半導体の在庫調整進展からウエハー向けやCMP向け製品が会社側の想定を上回って回復している。今3月期連結経常利益は31億円(前期比3倍)の見通しだが、上振れの可能性があるようだ。

フジミインコの株価は13時10分現在10868(△46円)。