トレファクが後場急落、上期増益も通期据え置きで失望感

東証マザーズ上場のトレジャー・ファクトリー<3093>が後場に入り急落。前引け後に発表した8月中間決算で単独の経常利益が2億7600万円(前年同期比27.9%増)と7月に発表した上方修正値で着地したものの、2月期通期見通しは同6億1700万円(前期比3.7%増)と期初見通しを据え置いたことから、上方修正を期待していた投資家の失望を呼んだようだ。上期は既存店売上高が前年同期比4.6%増だったが、9月は前年同月比3.1%減となったことも先行き不透明感を強める格好となっている。

トレファクの株価は13時33分現在993円(▼108円)。