夢の街の下落率8%に迫る、期末減配を嫌気

ジャスダック上場の夢の街創造委員会<2484>が続落、一時前日比4100円安の4万8800円まで売り込まれ、下落率は8%に迫った。11日取引終了後に発表した減配を嫌気した売りがかさんでいる。減配は韓国、中国の現地子会社への新規投資のため、内部留保を優先するための措置で、期末配当を1000円から700円に引き下げた。同時に海外子会社の業績を合算して連結決算に移行することも発表しており、集計中の前12年8月期は単独営業利益3億円に対して、海外子会社の創業赤字で連結は2億1100万円になる見込み。

夢の街の株価は13時40分現在4万9200円(▼3700円)。