遠藤照明が高値、デリバティブ評価損も悪材料視されず

大証2部上場の遠藤照明<6932>が高値更新。11日の17時35分に13年3月期の第2四半期連結累計において為替予約に起因するデリバティブ評価損として3億7100万円の特別損失が発生する見込みであることを公表したが、商業施設用照明器具で国内トップクラスの実力を誇り大手スーパー向け中心にLED照明の拡大が続いていることには変化がないことから、悪材料視されていない。

遠藤照明の株価は13時50分現在3420円(△125円)。