久光製薬が反落、三菱UFJMSは「アンダーパフォーム」継続

久光製薬<4530>が反落。株価は前場に一時、前日比65円安の4090円まで売られた後、後場は4100円台での一進一退となっている。同社は、10日に2012年3〜8月期決算を発表したが、三菱UFJモルガン・スタンレー証券では「内容にサプライズはない」として「アンダーパフォーム(弱気)」を継続した。主力商品「モーラステープ」に関して同証券では、(1)薬価専門部会の議論によっては大幅な薬価切り下げの可能性(2)競合品である第一三共のロキソニンテープの販売本格促進の本格化に伴う競合激化――などを懸念材料として挙げている。同証券では、目標株価を3050円に置いている。

久光製薬の株価は14時3分現在1846円(△73円)