アークスが反発、12年3〜8月期最終63%増益で

アークス<9948>が反発。同社が前週末12日に発表した12年3〜8月期の連結最終利益は前期比63%増の38億円と好調だった。同社は北海道最大の食品スーパーだが、食品販売が好調に推移したほか、12年2月期にグループ入りした青森県のユニバース、北海道の篠原商店の収益上乗せ効果なども収益に大きく反映された。また、売上高は前年同期比36%増の2100億円と上期では初めて2000億円の大台を超えている。株価はこれを受けて買いが先行している。なお、13年2月期の純利益については前期比36%減の84億円予想と、従来予想の90億円から6億円の下方修正となる。これは9月にグループ入りしたジョイスの負ののれんが当初予想していた17億円から10億円に落ち込んだことによる影響。経常利益段階では前期比24%増の150億円見通しと好調だ。

アークスの株価は9時29分現在1702円(△26円)。