イオンが4日続落、3〜8月期業績低調で売りが続く

イオン<8267>が4日続落で新安値更新歩調が続いている。同社が前週末12日に発表した12年3〜8月期の連結営業利益は前年同期比8%減の706億円で、低調な業績を嫌気した売りが優勢となった。総合スーパー事業では価格競争の激化などが利益の押し下げ要因となり、同事業部門の営業利益が77億円と前年同期で半減するなど落ち込みが厳しくなっている。13年2月期通期の業績については従来予想の2100〜2200億円(前期比7.3〜12.4%増)を据え置いているものの、下方修正リスクを嫌気して押し目買いが入りにくい状況にある。

イオンの株価は10時8分現在850円(▼21円)。