アスクルが反発、ヤフーとのネット通販提携で業容拡大期待

アスクル<2678>が5日ぶり反発。前週、現在同社の43%の筆頭株主となっているヤフーと消費者向けの新しいインターネット通販を始めると、日経新聞などで報じられたことが引き続き買いの手掛かりとなっている。日用品や食品を中心にメーカー約600社から直接調達し、競合サイトなどより安い価格を設定するほか、利便性を追求し当日配送などにも展開。5年以内に年間売上高2500億円規模の事業に育てる方針と伝えられ、今後もヤフーの資本力やコネクションを使ってビジネスチャンスを拡大していくとの思惑が追い風材料として意識されている。

アスクルの株価は12時32分現在1301円(△21円)。