三菱商事が年初来安値、資源価格の下落を懸念

三菱商事<8058>が5日続落で年初来安値を更新。鉄鉱石や石炭といった資源価格が下落するなか、大手商社のなかでも同資源の市況下落に伴う業績への影響が大きいと見られる同社株への売り圧力が高まっている。豪州での資源子会社のストライキも今期収益の悪化要因と指摘されている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では12日に同社株の目標株価を1900円から1710円に引き下げている。

三菱商事の株価は12時34分現在1331円(▼12円)