東洋炭素は大幅安、大和証が投資判断を「中立」に引き下げ

東洋炭素<5310>は大幅安。一時、前日比94円安の1404円まで売り込まれている。大和証券が、12日付のリポートで、投資判断を「2(アウトパフォーム=強気)」から「3(中立)」に引き下げ、目標株価を1800円としたことが嫌気されている。リポートでは「ソーラー用黒鉛製品の市況悪化、LED用部材の需要伸び悩み」を投資判断引き下げの要因としている。

東洋炭素の株価は13時17分現在1447円(▼51円)