ベクトルが大幅4日続落、上期業績の従来予想未達を嫌気

東証マザーズ上場のベクトル<6058>が大幅4日続落。前週末12日の引け後に発表した8月中間決算で、連結営業利益が従来予想3億2000万円を下回り2億6600万円となったことを嫌気。7月には同社の展開する戦略的PRの認知度の向上などを背景に上方修正をしたが、上期の売上高はこれを上回った。ただ、海外の事後油展開に向けた体制の整備などで販管費が増加し、利益は修正値にとどかなかったようだ。なお、今2月期通期計画の同7億2000万円(前期比46.2%増)を据え置いている。

ベクトルの株価は13時36分現在987円(▼193円)。