日電硝は軟調、シティグループ証が投資判断を「中立」へ引き上げ

日本電気硝子<5214>は軟調。一時、前日比12円安の482円まで売られている。シティグループ証券が19日付のリポートで、投資判断を従来予想の「売り」から「中立」へ、目標株価を380円から480円へとそれぞれ引き上げている。リポートでは「(1)LCDの大型化が想定以上の速度で進展し、(2)パネル需給が供給面の制約もありタイト化する傾向にあり、LCDガラス基板への価格プレッシャーが緩和してきていると判断」としている。 日電硝の株価は13時34分現在486円(▼8円)