野村マイクロが反落、貸倒引当金計上などで中間期赤字幅拡大

ジャスダック上場の野村マイクロ・サイエンス<6254>が大幅反落し年初来安値を更新した。18日午後3時30分に13年3月期第2四半期予想を連結営業損益で当初計画の1億4200万円の赤字から10億1900万円の赤字(前年同期実績1億7300万円の赤字)へ下方修正した。主力販売先である半導体・液晶関連企業で設備投資計画及びメンテナンスの実施延期・縮小が相次いでいることや貸倒引当金繰入額1億3000万円を販管費に計上したことが利益を圧迫している。 野村マイクロ・サイエンスの株価は9時51分現在287円(▼16円)。