17日前場の相場概況、日経平均は115円高

17日前場の東京株式市場は、大幅続伸。前場引けの日経平均株価終値は、前日比115円57銭高の8816円88銭と8800円台を回復している。東証1部の売買高は8億7143万株、売買代金は5787億円。騰落銘柄数は値上がり1235銘柄、値下がり282銘柄、変わらず150銘柄。 前日の欧米株高やユーロ・円の上昇を好感し、株価指数先物主導で全般買い物が先行し、ほぼ全面高症状となっている。 個別銘柄では、ソフトバンク、ファナック、日立、パナソニック、ファーストリテ、日電硝、菱地所、住友化、富士紡HD、ヤフー、王子HDが買われている。半面、住友鉱、グリー、三菱重、昭電工、NOK、イビデン、アドバンテスト、宝HD、KLabが売られている。