イズミは軟調、三菱UFJMS証が投資判断を「中立」に引き下げ

イズミ<8273>は軟調。一時、前日比44円安の1905円まで売られている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は15日付のリポートで、同社の投資判断を最上位の「アウトパフォーム(強気)」から「ニュートラル(中立)」に引き下げたことが嫌気されている。目標株価1900円は据え置いている。リポートでは「13年3月期のポジティブな材料は、上期決算発表時点までにいったん織り込まれたとみる。今後は、14年2月期以降の競合出店再加速、出店設備投資の増加や自社株買い、増配によるキャッシュアウト(手元資金の流出)増加に伴う貸借対照表面への影響を市場が注視するとみられ、株価は転換点と考える」としている。 イズミの株価は11時00分現在1908円(▼41円)