ツムラが反発、12年4〜9月期連結営業利益の増額観測で

ツムラ<4540>が反発。株価は寄り付き後前日比33円高の2437円まで買われいる。16日付の日本経済新聞が「12年4〜9月期の連結営業利益が前年同期比2%増の100億円程度となり、10%減(88億円)の従来予想から一転、この期間としては過去最高になる」と伝えたことが買い手掛かりになっている。医師向けセミナーなどを通じた漢方薬の拡販努力の成果が現れたとしている。今3月期通期の連結営業利益も192億円(前期比10%減)の従来予想を上ブレする可能性が高いとも記事は伝えている。 ツムラの株価は9時30分現在2413円(△9円)。