日揮と千代田化工が年初来高値、LNGやシェールガスの展開力評価

日揮<1963>と千代田化工建設<6366>が人気化。日揮は今月9日の2701円、千代田化工は9月26日の1248円を抜き、そろって年初来高値を更新した。JPモルガン証券がプラント2社に対する強気レポートを出したことを評価する声が出ていた。同証券は、千代田化工建設の格付けを「ニュートラル(中立)」から「オーバーウエイト(強気)」とし目標株価を900円から2300円に置いたもよう。日揮の目標株価は4600円としたようだ。市場からは「大手プラント2社はLNGに加えシェールガス関連の側面も持ち、外国人投資家の関心も高い」(アナリスト)と評価されており、今後も人気継続を見込む声が出ている 日揮の株価は14時33分現在2682円(▼4円) 千代田化工建設は1207円(△35円)