関西電力が8連騰、来春以降の料金値上げを好感

関西電力<9503>が8連騰と堅調。株価は朝方、前週末比20円高の706円と8月24日以来の700円台に乗せた。ただ、その後は、ここ上昇基調が続いただけに利食いが出て690円前後でもみ合っている。同社は来春以降に電力料金を家庭向けで1割強、企業向けで2〜3割程度引き上げる方針と報じられたことから、業績改善への期待が膨らんだ。同社にとって燃料費の調整以外での電力料金の値上げは、1980年以来、33年ぶりとなる。 関西電力の株価は13時14分現在692円(△6円)。