日本電気硝子は大幅安、台湾市場でのシェア減少を懸念

日本電気硝子<5214>は大幅安。株価は一時、前週末比32円安の452円まで売られた。液晶パネルの需給好転期待もあり、一部証券会社から同社株を再評価する声が出ていたが、この日はゴールドマン・サックス証券が「10〜12月期に台湾市場で一部シェアを失っている可能性がある」と指摘したこともあり、売り物が膨らんだようだ。 日本電気硝子の株価は14時35分現在465円(▼19円)。