東芝は底堅く推移、NAND型フラッシュメモリーの需給改善に期待

東芝<6502>は底堅く推移。株価は先週末まで7連騰と堅調な値動きを続けているが、市場にはNAND型フラッシュメモリーの需給改善期待を材料視する動きが出ている。米国のサンディスクが18日に発表した決算は、同フラッシュメモリー価格の上昇が追い風となり好調だった。シティグループ証券では、サンディスクの決算を参考にしたうえで、「NAND型フラッシュメモリーの需給改善は東芝にとってプラス」と指摘、投資判断は「買い」として目標株価を350円に置いている。 東芝の株価は14時18分現在287円(△▼0円)