日ガスは4〜9月期連結利益予想を上方修正、LPガスの原料価格安が寄与

日本ガス<8174>は、22日大引け後、12年4〜9月期連結業績予想を上方修正を発表した。従来予想の売上高540億円は517億3000万円(前期比6.7%増)へと下方修正されたものの、営業利益は22億円を24億3000万円(同17.1%増)へ、純利益8億円を11億5000万円(同45.9%増)へと増額した。売上高については、LPガスの値下げの実施などにより、下方修正となった。しかし、利益については、LPガスの原料価格が当初の想定を下回ったことに加え、新物流・業務システムの運用により配送コストなどが削減されたことが寄与した。