コマツが反発、米キャタピラー上昇で連想買い

コマツ<6301>が反発。前日の米国株市場で米建機大手のキャタピラー株が業績見通しの下方修正にもかかわらず上昇、足元の収益低迷も13年後半以降に持ち直すとの見通しを示したことで、同業態の同社にも連想買いが入った。また直近、為替市場で円安が進行しており、これも追い風材料として意識されている。コマツは前日こそ安かったものの、それまで6連騰するなど、ここ最近は景気敏感株の象徴的存在として買い戻しの動きが加速していた。中国の景気減速懸念などから収益下方修正リスクは根強いが、株価は足元の収益環境を織り込み、来年以降の収益回復局面を先取る買いも入り始めているようだ。 コマツの株価は9時58分現在1731円(△21円)。