日本触媒が朝高後反落、爆発事故の影響を警戒

日本触媒<4114>が朝高後反落している。23日付日本経済新聞が姫路工場の爆発事故の影響で、今3月期は予想を下回ると報じたが、すぐに会社側が業績計画に変更がないことを発表したため、朝方はしっかりで寄り付いた。ただ、日経平均がマイナス転換するなど、相場全体の地合いの悪化とともに、事故の影響に対しても悲観的な見方が広がり、寄り後は下値を切り下げ、後場寄り直後にきょうの安値、前日比17円安の773円を付けた。証券各社のリポートも事故の影響を重大に見るものが多い。 日触媒の株価123時28分現在778円(▼12円)。