日立ハイテクが3日続落、12年4〜9月期経常益の上方修正も好材料出尽くし感で

日立ハイテクノロジーズ<8036>が3日続落。23日引け後に12年4〜9月期連結業績見通しの修正を発表。連結売上高は従来予想の3130億円から3100億円(前年同期比3.6%減)に減額修正したが、経常利益は137億円から165億円(同31.8%増)に増額修正した。先端産業部材で民生機器用部材販売の落ち込みなどから売上高は前回予想を下回るものの、電子デバイスシステムで海外市場向け評価装置の需要増加に伴う操業度改善が経常利益増額の要因。ただ株価はいったん好材料が出尽くしたとの感触から売りが先行している。 日立ハイテクの株価は9時31分現在1738円(▼38)。