JCOMが4日ぶりに反落、TOB価格11万円前後報道で利益確定売り

ジュピターテレコム<4817>が4日ぶりに反落。「住友商事<8053>とKDDI<9433>は傘下のCATV1位のJCOMと2位のジャパンケーブルネットを統合することで最終合意した」との24日付の日本経済新聞報道が手掛かりになっている。統合に向けてJCOMの大株主であるKDDIと住友商事が株式市場に流通する残りの約30%のJCOM株をTOBして上場廃止にするとしており、TOB価格が11万円前後になるとの報道で、既に20日にこの観測報道が表面化してから昨日にはストップ高の11万2700円まで買われていただけに、利益確定売りが先行している。 JCOMの株価は9時18分現在10万8800円(▼3900円)。