23日のNY株式市場の概況

23日のNY株式市場は、NYダウが1万3102.53ドルの243.36ドル安と大幅に反落、ナスダック指数は2990.46ポイントの26.50ポイント安と反落した。この日は四半期決算で事務機大手のスリーエムや化学大手のデュポンなどグローバル企業が収益見通しを下方修正し、企業収益の先行きへの警戒感が高まったことから、全般売りに押されて、終日、軟調な展開だった。また、アイパッドの小型新機種を発表したアップルの下げも嫌気売りにつながり、NYダウは9月5日以来の安値水準で取引を終えた。ハイテク株比率の高いナスダック指数も売買交錯の中、売りが先行して、フシ目の3000ポイントを割り込み8月6日以来の安値で取引を終えた。