三菱自は13年3月期利益予想を上方修正、為替差益が好転

三菱自動車は24日大引け後に、13年3月期の連結業績予想の上方修正した。従来予想の売上高は9200億円を8600億円(前期比5.3%減)へと下方修正したものの、経常利益260億円は316億円(同10.0%減)へ、純利益200億円は301億円(2.8倍)へと利益をそれぞれ増額となった。営業外損益で利息収支、為替差益が好転し、経常利益がプラス56億円好転したことに加え、特別損益も好転したことが寄与している。