スズキが続騰、チャイナリスク回避でインド関連に思惑

スズキ<7269>が続騰、前場寄り直後に前日比78円高の1827円を付け、その後も堅調に推移している。中国のカントリーリスクが強く意識されるなか、インド市場への関心が高まっており、現地子会社のマルチ・スズキが大規模に自動車を生産するなど、インド事業に優位性を持つ同社に思惑買いが入った。23日にみずほ証券がインド関連株についてのレポートをリリース、インド向け輸出や直接投資が大きく増えていることを解説したほか、野村証券はインドの社会インフラ整備に投資するファンドを設立するという。 スズキの株価は13時52分現在1804円(△54円)。