新光電工は4〜9月期の利益を上方修正、積極的な受注活動が奏功

新光電気工業<6967>は25日の大引け後、12年4〜9月期連結業績予想で利益の上方修正を発表した。従来予想の売上高687億円を651億円(前年同期比12.0%増)へと下方修正したものの、営業損益は19億円から27億円(前年同期は30億円の赤字)へ、最終損益は10億円から23億円(同26億円の赤字)へとそれぞれ利益を増額している。新製品の量産体制整備ならびに積極的な受注活動が奏功した。