日工は4〜9月期業績予想を上方修正、東北地方向けアスファルトプラント好調

日工<6306>は25日大引け後、4〜9月期の連結業績予想を上方修正した。従来予想の売上高140億円を143億円(前年同期比33.1%増)へ、営業利益3億5000万円を7億円(同18.9倍)、最終損益5000万円から2億9000万円(前年同期は3800万円の赤字)へとそれぞれ増額した。東北地方を主体にアスファルトプラント販売、および同メンテナンス・サービス部門が好調だったこと、また都市部を主体にコンクリートプラントのメンテナンス・サービス部門が好調に推移したことが寄与している。