NECネSIが小幅続伸、12年4〜9月期業績上ブレ発表も通期据え置きで上値重い

NECネッツエスアイ<1973>が続伸も後場に入り上値の重い展開。正午に12年4〜9月期連結業績を発表。連結売上高は従来予想の940億円が1044億円(前年同期比15。0%増)に、経常利益は25億円が35億7400万円(同44.0%増)に上方修正の着地となった。スマートフォン普及に伴う通信量増大に対応した通信事業者のネットワーク強化投資が加速したことや、前年の補正予算により消防システムのデジタル化が前倒し気味に推移したことが要因だ。ただ、下期の事業環境が不透明として今3月期通期の業績見通しを売上高2200億円(前期比7.5%増)、経常利益105億円(同9.7%増)に据え置いたことから、株価は前場に前日比42円高の1437円まで買われていたが、後場に入り利益確定売りに押されて伸び悩んでいる。 NECネSIの株価は12時54分現在1399円(△4円)。