外為サマリー:午前10時 円は79円88銭前後で推移、ギリシャ支援が進展も

25日の外国為替市場の円相場は、午前10時時点で1ドル=79円88〜89銭近辺と前日の午後5時に比べ11銭程度の円安・ドル高。ユーロに対しては、1ユーロ=103円63〜67銭近辺と同26銭程度の円安・ユーロ高となっている。欧州情勢を巡っては、ユーロ圏の総合PMIが3年4カ月ぶりの水準に悪化したことなどを受け、ユーロは対ドルで下落したが、その後、「ギリシャ支援の目標期限が2年延長される」との報道を受け、ユーロの買い戻しが進んだ。これを受けて、ユーロは円に対して上昇している。ユーロ・ドル相場は、1ユーロ=1.2971〜72ドル前後で推移している。