日電産が反発、今3月期業績見通しの下方修正も悪材料出尽くし感

日本電産<6594>が反発。24日引け後に今3月期連結業績見通しの下方修正を発表。連結売上高は従来予想の7800億円から7200億円(前期比5.5%増)に、経常利益は870億円から710億円(同0.2%増)に減額した。中国をはじめとする新興国向けのパソコン需要の減少などから、主力のHDD用モーターの販売が落ち込んでいるほか、円高による収益の目減りも影響することことが要因。ただ株価はいったん悪材料が出尽くしたとの感触から、買い戻しが先行している。 日電産の株価は9時7分現在5590円(△240円)。