三菱自に買い先行、4〜9月期純利益を100億円強の増額修正

三菱自動車工業<7211>が高い。同社は24日、12年4〜9月期の連結業績で、純利益を前年同期比2.8倍となる301億円に上方修正、従来予想の200億円から100億円強の大幅増額となった。これを受けて寄り付きから買いが優勢となっている。高採算のピックアップトラックやSUV(多目的スポーツ車)が好調なほか、小型車「ミラージュ」を東南アジアで拡販し、中国の需要減速を補った。営業外の為替差損益が想定以上に改善したほか、上期に予定していた特損の計上が下期にズレ込んだことなども純利益の押し上げに貢献した。 三菱自の株価は9時7分現在72円(△3円)。