富士電機が急反落、4〜9月期の最終赤字76億円を嫌気して売りがかさむ

富士電機<6504>が急反落。同社が25日発表した12年4〜9月期連結決算は、最終損益が76億4200万円の赤字(前年同期は54億100万円の赤字)となったことから、業績悪化を嫌気する売りがかさんでいる。沖縄電力向けの火力発電所など大型案件の寄与で前年同期比で増収を確保したものの、景気が減速する中国向けを中心に産業機器用インバーターやパワー半導体の需要が減少したことが足を引っ張った。株価は10月初旬を底に一貫して戻り歩調にあったこともあり反動がきつくなった 富士電機の株価は9時49分現在163円(▼11円)。