Jトラストが5連騰で新値街道まい進、追加緩和期待で買い続く

大証2部に上場するJトラスト<8508>が5連騰。騰勢を加速させ、一時60円高の1189円まで上値を伸ばしている。株価は年初来高値更新となった4ケタ大台乗せから一段と上げ足を強めている。中堅ノンバンクでM&Aに積極的。前期にKCカードや武富士を買収したほか、7月にはクレディアなどを含むネオライングループを傘下に収めるなどで業容が急拡大している。同社は資産買い取り・債権回収、保証事業のほか不動産にも展開する。日銀の追加緩和期待が高まる中で調達コストの低下が利益に貢献するとの思惑から、短期資金の流入が続いているもようだ。今13年3月期は最終利益こそ負ののれんによる巨額特益が消えたことで数字上は66%減益となるが、それでもPERが6倍台と割安感が強いほか、M&A効果で営業収益は前期比2.4倍、経常利益は同2.2倍と高変化を遂げる見通しにあることも人気化の背景となっている。 Jトラストの株価は12時30分現在1175円(△46円)。