ケミファは4〜9月期の連結業績予想を上方修正、外部導出品売り上げが上期に集中

日本ケミファ<4539>は26日大引け後、12年4〜9月期の連結業績予想について上方修正を発表した。従来予想の売上高156億円を166億円(前年同期比19.3%増)、営業利益15億円を23億1000万円(同74.3%増)、純利益7億円を13億4000万円(同2倍)へとそれぞれ増額した。医薬品外部導出売上高の一部が上期に集中したのをはじめ、販売費及び一般管理費の削減に加えて研究開発費の発生が第3四半期(10〜12月)以降にずれ込んだことなどがプラス要因として作用した。