日産自が下げ渋る、中国販売低迷と業績下ブレ観測もアク抜け感

日産自動車<7201>が下げ渋っている。27日付日本経済新聞朝刊が中国への完成車輸出の停止と業績下ブレ観測を報じたが、中国国内の自動車販売の減少と業績悪化はすでに株価に織り込まれているようで、安寄り後はアク抜け感から買い戻しが先行している。同様に中国向け販売計画の下方修正観測が報じられたトヨタ<7203>は高く、ホンダ<7267>も切り返している。 日産自は10時45分現在686円(△1円)。 トヨタは3085円(△15円)。 ホンダ2523円(△7円)。