旭ダイヤが大幅続落、今3月期業績見通しを下方修正

旭ダイヤモンド工業<6140>が大幅に続落。26日引け後に今3月期連結業績の下方修正を発表。これを手掛かりにした売りを集めている。連結売上高は従来予想の420億円から380億円(前期比11.6%減)に、経常利益は71億円から51億円(同39.9%減)に減額した。収益源の太陽電池パネル製造用の電着ダイヤモンドワイヤが、太陽電池市場の回復が想定を下回り低迷した状態が継続していることが要因だ。 旭ダイヤの株価は9時23分現在743円(▼82円)。