石油資源が大幅安、13年3月期116億円の最終赤字見通しにに大幅下方修正

石油資源開発<1662>が大幅安で5日続落となっている。同社が26日発表した、12年4〜9月期の最終損益は244億3300万円円の赤字(前年同期は63億3300万円の黒字)となった。また、13年3月期の連結最終損益が116億3000万円の赤字(前期は170億2700万円の黒字)になる見通しと発表、従来見通しは165億円の黒字であったことから281億円強の大幅な下方修正となり、これを嫌気する売りが優勢となった。勇払油ガス田(北海道苫小牧市)に関連する減損損失を12年4〜9月期に特損として370億円計上したことによる。これは勇払油ガス田から発生する水量が従来予想を上回り、ガスの生産能力が低下していることが分かり、事業用資産としての帳簿価格見直しに伴うもの。 石油資源の株価は9時14分現在3100円(▼240円)。