NTTドコモが続落、今3月期税引き前利益見通しの下方修正を嫌気

NTTドコモ<9437>が続落。26日引け後に今3月期連結税引き前利益見通しの下方修正を発表し、これを嫌気した売りが先行している。税引き前利益は従来予想の9030億円から8140億円(前期比7.5%減)に減額し、2.96%増益から、一転7%の減益予想となる。米アップルのスマートフォン・アイフォーンの取り扱いで攻勢をかけるソフトバンクやKDDIに押され、通期の契約件数の純増数が200万件と計画を80万件引き下げたことによる収入減と、両社に対抗するために販売促進費を800億円積み増すことが利益減額の要因だ。 NTTドコモの株価は9時9分現在11万9900円(▼3500円)。