日本理化が大幅続落、今3月期業績の下方修正きっかけに見切り売り

新日本理化<4406>が大幅反落。先週末引け後に今3月期連結業績の下方修正を発表。売上高は従来予想の330億円から290億円(前期比1.6%減)に、経常利益は12億5000万円から4億円(同29.8%減)に減額した。油脂製品や石化製品など主要製品の需要低迷と原料高が収益を圧迫していることが要因。また、同時に発表した9月中間期の最終損益が赤字になったことを嫌気する向きがあるようで、見切り売りに押されている。 新日本理化の株価は13時6分現在279円(▼32円)。