ケーズHDが急反発、下方修正発表も悪材料出尽くし感

ケーズホールディングス<8282>が急反発。前週末26日の引け後に今3月期の業績見通しを連結経常利益で従来予想375億円から262億円(前期比37.8%減)見通しに下方修正したが、悪材料出尽くしとの見方から買われている。猛暑によりエアコンが好調だったほか、冷蔵庫や洗濯機などで節電・省エネ型の製品が好調に推移したが、前期の地デジ移行に伴うテレビ特需の反動が大きく、カバーし切れなかったことが要因と。 ケーズHDの株価は12時39分現在2051円(△120円)。