テクノオーツが急伸、業績予想大幅上方修正を好感

ジャスダック上場のテクノオーツ<5217>が急伸、前週末引け後に発表した業績予想の大幅上方修正が好感されている。半導体製造プロセスでの消耗品が主力で、4〜9月期は大幅な受注減でスタートしたものの4〜6月は好調で、当初予想の連結営業利益1700万円を3億2200万円に増額、修正幅の大きさに加え、PBR0.53倍と資産価値からの割安感も買い安心感を誘った。ただ、半導体需要の減退で7〜9月末の受注は再び大きく減少しており、今13年3月期通期予想は据え置いている。 テクノオーツの株価は12時30分現在361円(△12円)。