日電硝は軟調、岡三証が投資判断を「強気」に引き上げ

日本電気硝子<5214>は軟調。一時、前週末比14円安の392円まで売られている。岡三証券は26日付のリポートで、投資判断を従来の「中立」から「強気」へ引き上げた。目標株価は510円としている。リポートでは「新材質の液晶用ガラス基板の投入により14年3月期連結営業利益は増益に転換すると予想。過去のPER推移を参考に14年3月期予想PER15倍程度までの評価は可能と考える」としている。 日電硝の株価は13時50分現在399円(▼7円)