外為サマリー:15時 円、79円60銭前後でもみ合い、日銀決定会合の結果待ち

29日午後の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=79円60銭前後でのもみ合いが続いた。明日に予定されている日銀金融政策決定会合の結果待ちで、模様眺め気分が強まった。チャート上では、79円50銭前後にある200日移動平均線を意識した動きとなっている。対ユーロでは、1ユーロ=103円を割り込んだ。スペインの7〜9月期の失業率が過去最高の25.02%となり欧州懸念が台頭したことからユーロは弱含んだ。午後3時時点の円相場は、1ドル=79円67〜69銭前後と前日5時時点に比べ29銭程度の円高・ドル安、対ユーロは1ユーロ=102円99〜103円03銭と同38銭程度の円高・ユーロ安。ユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.2925〜27ドル近辺で推移している。